後継者や社員と、円満な組織作りをしたい。 <「人」に関する経営者のお悩み 無料相談受付中> 0572-68-6530 営業時間(土日祝休み)9:00~18:00無料相談のご予約はこちら

ひげおやじメルマガバックナンバーご紹介

2015年5月20日2015年 人材育成に役立つ最新の助成金情報!

今回は○○ 様へ、

人材育成と設備導入に役立つ最新の助成金情報をお伝えします。

国が支給する助成金は、たくさんの種類があり、

このメルマガで全ての助成金の情報をお伝えすることは不可能です。

その中でも、私が○○ 様に

是非ご利用いただきたいものを4つご紹介します。

以下、助成金名です。

【新設の助成金】

1 企業内人材育成推進助成金「個別企業助成コース」

【既設の助成金が拡充】

2 キャリア形成促進助成金「ものづくり人材育成訓練」

3 キャリアアップ助成金「人材育成コース」

【設備導入に活用できる助成金】

4 高年齢活用促進助成金

それでは、それぞれの助成金内容について利用方法と受給可能金額を説明します。

1 企業内人材育成推進助成金「個別企業助成コース」

この助成金には、3つのタイプがあります。

(1)教育訓練・職業能力評価制度

○○ 様の会社に、教育訓練制度や社員の能力評価制度を導入し

社員一人ひとりに実施した場合、最大で100万円が受給可能です。

社員の能力評価を実施したい会社であれば、オススメします。

(2)キャリアコンサルティング制度

社内に社員の成長を手助けするキャリアコンサルタントを育成し、

計画的に社員教育を実施した場合、最大で95万円が受給可能です。

社内に社員教育を実施・実践していく専門家を育てたい会社にオススメです。

(3)技能検定合格報奨金制度

社員が働くうえで身に付ける、または必要とされる技能習得レベルを

評価する国家検定制度(128職種)に合格した社員に対して助成金が支給されます。

最大で75万円が受給可能です。

社員に資格取得を奨励したい会社にオススメです。

例えば

製造系の企業の場合、

金属プレス作業技能士、フライス盤作業技能士など

商業系の企業の場合、

ファイナンシャルプランニング、ウェブデザイン、ハウスクリーニングなど

技能検定の詳細は、以下のアドレスで

http://www.mhlw.go.jp/bunya/nouryoku/ginoukentei/dl/h25kentei_ippan.pdf

2 キャリア形成促進助成金「ものづくり人材育成訓練」

この助成金は、製造業と建設業の限定です。

将来の幹部候補社員の育成を実施される会社にオススメな助成金です。

幹部の育成研修には時間とお金がかかります。

研修経費や人件費を自費で賄うのではなく、その一部を助成金として受給可能です。

外部機関による教育訓練にかかった費用(OFF-JT)と

現場で教える時間の費用(OJT)を助成してくれます。

教育訓練実施は6か月以上2年以下の期間です。

OFF-JTに掛った費用の2/3、OJTは時間当たり800円を助成してもらえます。

3 キャリアアップ助成金「人材育成コース」

この助成金は、これから新規採用する社員、または今いる社員を正社員にするために、

教育訓練としてOJTとOFF-JTを実施した企業に支給されます。

ただし、6か月以上の有期雇用契約社員が対象になります。

受給金額は、最大で約50万円が受給可能です。

当年度よりOJT金額が700円から800円へ引き上げられました。

今、○○ 様が中途採用者を検討されているのであれば、オススメの助成金です。

4 高年齢活用促進助成金

高年齢社員(60才以上)の職場環境を良くするために設備導入する場合、

その設備導入に掛った費用の一部を助成金として受給可能です。

1年以上雇用されている60才以上の社員一人に対して20万円が支給されます。

5人いれば、100万円受給可能です。。

4月より建設、製造、介護、保育分野の企業に対しては、

1人当たり30万円に拡大されました。

例えば、高年齢社員のために、

猛暑をしのぐためにスポットクーラー導入する。

その導入費用に対して、この助成金は利用できます。

以上、4つの助成金について

よくわからない、どんな事例があるの?と感じられましたら

当事務所へご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎年、この時期になると友人を集めて

ピザ&バーベキューを自宅で開催しています。

自作窯でピザを焼いているのですが、

今年はアップルパイにも挑戦しようと思っています。

その予行演習として、先週、初めて挑戦してみました。

まず、リンゴを12等分しグラニュ糖で煮詰めました。

煮詰めたリンゴを冷凍パイシートに敷き詰め焼いてみました。

アップルパイを焼くには窯の温度180℃くらいが適温のようですが、

その時は280℃まで上がってしまい、温度を下げるのに一苦労でした。

窯に入れる薪の量で温度調整をするものですから、

家庭用オーブンのようにカンタンには温度が下がりません。

なんとか230℃くらいまで下げて、パイ生地を窯に入れてみました。

ビール片手に時間を図りながら焼きあがるのを待っていると、

窯の中からジリジリ、パチパチと音が聞こえ、

バターの焼ける香ばしいさがふんわりと漂ってきました。

待つこと15分。

窯の入り口のレンガを外し、懐中電灯で中を照らし覗いてみると

オオっ!ちゃんと膨らんでこんがり焼けている!

すぐに取り出し、お皿の上に。

少しパイを冷ましてから食べてみました。

サック!とした歯ごたえとあっさりとしたリンゴの甘み、

更にシナモンの香りが口の中で広がりました。

最初にしては、大成功です!

次回からは、リンゴ以外にもバリエーションを増やそうと思います。

一人で悩まず、ご相談下さい。30分無料相談 ご予約はこちら! 0572-68-6530 メールでのご予約はこちら 営業時間 9:00~18:00(土日祝休み)

円満世襲パートナー

瑞浪市で経営戦略を学ぶなら 戦略社長塾

経営者・営業マン向け 己書道場