後継者や社員と、円満な組織作りをしたい。 <「人」に関する経営者のお悩み 無料相談受付中> 0572-68-6530 営業時間(土日祝休み)9:00~18:00無料相談のご予約はこちら

実際に、ご相談頂いた経営者様のお声を紹介します。

画像1

O社様画像

柴田さんのご経歴を拝見したところ、労働基準監督署に勤めた経験もお持ちで、「この人なら信頼できるな」と感じました。

養鶏業 O社長様

O社様画像O社様は、約40年前に創業された養鶏業の会社です。以前は愛知県にて大規模な養鶏組合を組織していましたが、新興住宅地の開発に伴い、養鶏業を営む環境が整っていた現在の場所へと移転。業界内で「レイヤー」と呼ばれる卵用鶏を飼育し、大手スーパーや食品メーカー向けの卵を生産しています。2014年8月現在、従業員は28名。

40年以上前から続く養鶏業の会社を継ぎ、3年前から社長に就任。

O社様画像

まずは、O社様の事業内容について
教えて下さい。
当社は、40年以上前から養鶏業を営んでいる会社です。養鶏業における鶏の飼育は、肉用鶏の「ブロイラー」と卵用鶏の「レイヤー」の2つに大別されますが、当社ではレイヤーを飼育し、大手スーパー用などの卵の生産を行っています。
岐阜県瑞浪市へ移転したのは、私がまだ中学3年生の頃でした。養鶏業の受け入れには、音や匂いの問題などから地元住民の理解が必要ですが、瑞浪市では以前から養鶏業が盛んに行われており、受け入れ態勢が整っていたことが移転先に選ぶ決め手になったようです。
社長が経営を引き継がれたのはいつですか?
私が社長に就任したのは、今から3年ほど前のことです。25歳で入社した私は、5年後には役員に、さらに3年後には常務に就任。以来ずっと常務の肩書きで経営に携わってきました。社長に就任したのは、前社長である私の父の共同経営者から、社長引き継ぎの打診を受けたからです。

地元の銀行から紹介をいただき、お付き合いが始まりました。

マネジメントパートナー・エンと出会ったきっかけは?

O社様画像

実は、以前の場所で養鶏業を営んでいた当時からお付き合いを続けてきた労務士さんがいたのですが、奥様の介護をするうちに、ご本人も体調を崩され、そのままお亡くなりになってしまったのです。以降、空白の状況が10年ほど続くことになりました。
養鶏業は人集めが難しいことから、人材派遣会社を利用したり、外国人労働者を雇用したりすることが多いのですが、こうした人事・労務に関する手続きは、ベテランの事務担当者が行っていました。ただ、その方が65歳を機に退職されることになり、今後の業務をどうすればいいかと悩んでいました。そこでお付き合いのある地元の金融機関に相談したところ、新しい社会保険労務士さんをご紹介いただくことができたのですが、その女性の労務士さんとは、どうもフィーリングが合いません。業務的というか、相談しづらい、声を掛けづらいというか。そこで再度、銀行員さんに誰かいないかとご相談したところ、ご紹介いただいたのが柴田さんだったのです。
柴田さんと出会った時の第一印象はいかがでしたか?
柴田さんのご経歴を見ると、労働基準監督署に勤めた経験もお持ちで、第一印象から「この人なら頼りになりそうだな」と感じました。しかも、以前に依頼をしていたご年配の方とは違い、事務所を開設されて日が浅いため、一生懸命やっていただけるだろうと。50代、60代になってくると、本人ではなく部下の方に業務を任せきりになることも多いと思いますが、柴田さんからはご自身で頑張っていこうという熱意が伝わってきますし、私自身もできればそういった方とお付き合いしたいと思い、お仕事をご依頼しようと決めました。
柴田さんは、父親が経営する美濃焼メーカーの専務を務めていたものの、その会社が廃業の憂き目に合うという辛いご経験をされています。私たちも親族を中心に会社を運営していますが、成長している間はいいものの、業績が傾き始めるときっと問題が噴出してくるはず。そのあたりの事情について、身を持ってご経験されているのは心強いですね。

就業規則の変更をお手伝いいただくなど、とても頼りになる存在です。

O社様

柴田さんにはどんなことをご相談されていますか。
労務士さんがいない空白期間が続き、長らく就業規則を更新していなかったことから、まずはそこからお手伝いいただくことにしました。一般的な企業とは違い、養鶏業はどうしても労働時間が長くなることから、さまざまな問題が発生します。これらの問題にうまく対処すべく、柴田さんの知恵をお借りしながら就業規則の変更を行いました。
柴田さんが頼りになるとお感じになるのはどんな時ですか。
こちらが「お休みかな?」と遠慮がちに連絡した時でも、快く相談に応じていただけた時ですね。私は普段から忙しくしていることが多いため、何か疑問が出てきた時にすぐに電話をしてご対応いただけるのは、本当にありがたいです。
今後、柴田さんに期待することは何ですか。
私たちはあくまで養鶏の専門家であり、労務については知らないことばかりです。政権の方針転換などにより、労務を取り巻く状況はこれからも変化していくと思いますが、私たちの浅い考えだけは、全く違う方向に進んでいるなんてことも起こりかねません。柴田さんには、間違った方向に進んでいる時にはそれを知らせてもらい、正しい方向に導いてもらいたいです。

O社様

柴田さんが発行されている『ひげおやじニュース』は、個人のエピソードなどが掲載されていて、毎回楽しく拝見させていただいています。このほかにも、柴田さんは講演会を主催するなど、熱心に情報発信をされていらっしゃるそうですが、業務が忙しく、なかなか参加できないのが実情です。だからこそ、個別のご相談をさせていただく際には、最新情報を含めて色々なお話をお聞かせいただけるとうれしいです。

一人で悩まず、ご相談下さい。30分無料相談 ご予約はこちら! 0572-68-6530 メールでのご予約はこちら 営業時間 9:00~18:00(土日祝休み)

円満世襲パートナー

瑞浪市で経営戦略を学ぶなら 戦略社長塾

経営者・営業マン向け 己書道場